肺がん治して 楽しく生きたい

傷んだカラダと病んだココロの療養記、プラスαで雑録が付いてきます。

睡眠障害の治療③

f:id:kuu-ki:20220301185016p:plain

目が覚める理由は夜中のトイレ、それも少量・・・。

 

歳を取ればトイレも近くなる、夜中もトイレに行きたくなる。

よくそんなことを聞きます。

自分もそうだから「歳のせいかな」と思いがち。

 

 

が、2年前の抗ガン剤治療前後から頻尿がひどくなってます。

朝起きてから夜寝るまで、毎日15回前後はトイレに。

夜中も2~3回。

 

内科に行った時その事を話すと

「チョット多過ぎですね、でも検査結果は以上無いです」

 

 

そんな事もあり、昨日・今日と泌尿器科に行き検査してきました。

「頻尿治って、眠剤飲めば熟睡😁」

こんな気持で門を叩きます。

 

「たのもう~」

いや、「こんにちは」

 

現状を伝え、昨日は血液と尿検査。

今日は尿の溜まり具合、尿の勢い、その後の残尿の検査。

 

 

普段、少量で何度も行きますがなかなか出づらいのが実状。

その為今日はだいぶ水分を取り、検査3時間前からトイレを我慢してました。

ちなみに私は人と比べると、かなり水分摂取量が少ないです。

 

そして検査結果。

「これだけ溜まっていれば問題ないです」

「おしっこの勢いも若い人に比べれば劣りますが、特に問題なし」

「残尿もそれほどでもありません」

 

あ、いやだいぶ水分とって・・・、出にくいのも困ってて・・・、夜中も何度も・・・

 

「問題ないですね 」( ・`ω・´)キリッ

「お大事に!」

f:id:kuu-ki:20220301192326j:plain

 

どうして医者は数値で決めつけ、患者の苦しみや辛さを理解しようとしないんだろう?

挙句の果てに、「しょうがないですね」とか平気で言うし。

私はどうも医者に上手く伝えることが出来ないようだ・・・。

 

 

そんな事もありましたが、帰り道こんな本を見つけました。

 

まだ読み始めですが、このお医者さんは私みたいな患者を見ているようです。

まだパラパラですが、気になる内容が。

「下半身を鍛える」

 

言われてみれば、2年前の入院前から安静にし、術後は退職して日中は家で過ごす。

内蔵や血液は全く異常はないので、残るは外側。

「下半身鍛える」←ここに答えがあったりして・・・。

 

ご覧いただきありがとうございました。

ランキングに参加中です。よかったらポチッとお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ