肺がん治して 楽しく生きたい

傷んだカラダと病んだココロの療養記、プラスαで雑録が付いてきます。

CT 7本目

f:id:kuu-ki:20220223194109p:plain

今年初の診察でした。

 

2ヶ月ぶりですが、何故かすごい久々に感じます。

「そうか、最初の手術から2年過ぎたんだ」

 

いろんな事があった2年でした (´·ω·`)

 

 

朝一からのCTです。

「〇〇番の方~」

手を挙げるとベテラン看護師さんが来ます。

 

「いつも聞かれてれると思うんですが」

「前のお薬で~・・・・・・・・・・」

そんな耳の近くで大きな声出さなくても聞こえるのにと思いながら答えます。

 

そして検査開始。

「途中からお薬入りますからね」

また大きな声です。

 

なんかおじいちゃんに話しかけてる感じ。

「あ、私が左耳聞こええづらいの知ってんだ!」

この看護師さん、ちゃんとカルテ見てんだな😭

 

10分ちょっとで検査終了、部屋から出ると前回私を怒らせた看護師が・・・。

f:id:kuu-ki:20220223200721j:plain

こんな感じですね。

 

そして診察。

 

「結果は・・・異常なし、血液も大丈夫です」

毎回ホッとする瞬間、こんな感じですね。

 

次はB型肝炎の診察。

「少しだけウィルスが出ました、それと肝機能の数値が下がってます」

「おさけ、飲みますか?」

「はい、少しだけ・・・」

「まぁ、特に影響はないですね」

 

 

順調に会計まで済ませ、薬も早めに受け取り移動します。

今度は心療内科へ。

 

動悸はだいぶ治まりましたが、今度は食欲がガクンと落ちました。

それと眠りのばらつきが大きことを告げ、先生と少し会話。

「う~ん、無理しないでね」

「いつでも診断書書くからね!」

「はい!」( • ̀ω•́ )キリッ✧

 

今日は大雪から始まり、病院のはしご。

なんかバタバタした1日でした。

 

 

帰宅途中の車でラジオからこんな話が。

「何かを始める時、私なんか」とか

「どう思われるんだろう」とか

この心がブレーキを掛けてしまうと言ってました。

 

そういう気持ちから

「もしかして出来るかも」とか

「とにかくやってみよう」とか

ここに切り替えられるかで大きく変わってくるそうです。

 

「今の仕事に当てはまるとこが多い」ウンウン。

 

心療内科での診察後、体調が良くならなければ来月で休養に入ろうと思いました。

それまで避けていた業務がありますが、ラジオの話を聞いて納得。

「よし、明日から最後のつもりやってみるか!」

 

ご覧いただきありがとうございました。

ランキングに参加中です。よかったらポチッとお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ