肺がん治して 楽しく生きたい

傷んだカラダと病んだココロの療養記、プラスαで雑録が付いてきます。

術後の生活変化 呼吸の苦しさ③

f:id:kuu-ki:20211205105925j:plain

家の中から外出してみます。

 

リハビリがてらに、歩いて5分のスーパーに買物へ。

 

 

時間もあるので、一通り端から端まで見て歩きました。

息が切れないようにゆっくり歩きますが、途中でめまいと吐き気がして動けなく・・・。

酸欠状態でした。

 

「なんで?ゆっくり歩いてるのに」

「呼吸も乱れていないし・・・」

とりあえずベンチまで歩き、そこで休みます。

 

 

いろいろ考えてみましたが、その時は何が起きてるかわかりませんでした。

その後も時々具合が悪くなり、動けなることも。

 

後で気づきましたが、当時はゆっくりでも動き続ける事が出来なかったようです。

多分、体の動きに呼吸量が追いつかなかったのではないかなと思います。

息が切れれば休むことも出来ますが、自分では異常を感じないので歩き続けた結果がこれでした。

 

今は前より楽になりましたが、買い物などで店舗内を歩き過ぎた後は必ずと言っていいほど酸欠気味でめまいがします。

「調子に乗って歩き過ぎた・・・」

学んだつもりでも、同じことを繰り返してしまいます。

 

 

 

他にも影響がありました。

それは「シートベルト」

 

普通に着用すると、器官が苦しくなります。

一言でいうと、痛苦しいといった感じです。

 

 

近場でしたら我慢出来ましたが、病院へは1時間かかるので電車で通院してた時もあります。

「これはいかんぞ!」と何かいい方法がないかと調べてみると、

カー用品ショップでシートベルトの圧迫感を抑えるアイテムが有る!こんな情報が。

 

「値段が高いほうが効果があるかな?」と思い込んで装着してみましたが、私の体には合わなかったようで・・・。

 

結局シートベルトにタオルを折って挟み、苦しいところが圧迫されないようにして運転してました。

f:id:kuu-ki:20211205180238j:plain

最近の写真なので厚着をしていますが、薄着の時は厚めのタオルとか、タオルを何回も折って使用してます。

 

これも慣れてきた感はありますが、今でも1時間以上運転する時は初めからタオルを挟むようにしています。

 

ご覧いただきありがとうございました。

ランキングに参加中です。よかったらポチッとお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ