肺がん治して 楽しく生きたい

傷んだカラダと病んだココロの療養記、プラスαで雑録が付いてきます。

007

f:id:kuu-ki:20211031174556p:plain

「No Time to Die」が公開中ですね。

 

子供の頃は月曜ロードショーとか、水曜ロードショとか、金曜ロードショーとか色々な映画番組があったような気がします。

 

番組では「刑事コロンボ」や「007」なんかしょっちゅう流れてた記憶があり、正直言うと「またやってんのか?」と子供心に思っていたもの。

(勝手に思い込んでたかもしれませんが・・・)

 

そのため「007」をとても毛嫌いしていました。

 

が、だいぶ前に「ロシアより愛をこめて」

これを見てからすっかり007のファンになります。

 

 

これまで60年近く続いたシリーズですが、今のボンド役で6代目。

その中でも私のオススメは、初代ボンドの「ショーン・コネリー」。

理由は色気を感じるから。

 

 

私から見た007は「色気とユーモア」があり、「喧嘩もそれなりに強く」

「銃を使いこなし」「とっさの判断でピンチから逃れ」

「与えられた司令をこなしていく」

そして女たらし!

 

そのためボンドは「スマートに何でもこなし「恋多き男」というイメージ。

どちらかと言うと硬派ではありません。

が、そんなボンドが好きです。

 

男から見ても、惹きつけられる男

 

 

昔は、007=「ショーン・コネリー」「ロジャー・ムーア」のイメージが強いようだったので、その前後で007を演じた俳優さんは相当プレッシャーもあったようですね。

 

そして今のダニエル・グレイグに変わったのが15年前。

当時はぼろっカスに言われてたそうです。

「金髪のボンド」とか「青い目のボンド」、映画を見れば「これまでと違う」など色々あったよう・・・。

 

私も初めてみた時は「今までとぜんぜん違う」でした。

ただそれは「硬派なボンド」そんな感想からで、これまでと違った意味で惹きつけられた私です。

 

その後も否定的は意見は続きましたが、新作の度に評判も上がっていったような気がします。

 

一度降板を申し入れたこともあるようですが、簡単には辞めさせてくれなかったみたいですね。

なんせ、「ジェームズ・ボンド」ですから。

 

 

ここまで色々あったようですが、前作から6年空けて、待ちに待った今回の新作。

 

実際フタを開けてみると、最高のボンドとの声も多く、

「ダニエル・ボンド」と呼ばれていました。

それだけ「完成度が高い」と評判だったんでしょうね。

 

 

これまでの007はそれぞれ単発映画でしたが、ダニエル・グレイグになってからは全てが続編になっています。

 

映画の中では硬派なイメージのボンドでしたが、実は男の女々しさも見えたりしています。

人間味があって弱さの見えるボンド。

その辺もこれまでとは違った007のような気がしました。

 

 

新しい007のイメージが定着したダニエル・グレイグ、残念ながら今回で降板することに。

 

これは私の感想ですが、これまで相当なプレッシャーや悪い評判もあったんだとと思います。

「ジェームズ・ボンド」という過去のイメージが出来上がっていましたから。

 

 

でも、

ダニエル・グレイグという役者が

「ジェームズ・ボンド」という指令を15年掛けてこなしたような、作り上げたような、そんな気がしました。

これが最新作を見終わって、ダニエル・ボンドシリーズを見終わっての感想です。

 

 

やはり「ジェームズ・ボンド」は何歳になっても私の憧れです。

 

ちなみに「ジェームズ・空気」という名前ですが、ジェームズ・ボンドから来ていました。

 

「スマートにこなして、空気のようにあって当たり前、でも全く目立たない」

 

そんな存在目指して、日夜修行しています。

 

ご覧いただきありがとうございました。

ランキングに参加中です。よかったらポチッとお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ