肺がん治して 楽しく生きたい

傷んだカラダと病んだココロの療養記、プラスαで雑録が付いてきます。

傷の痛みと対処

f:id:kuu-ki:20210714201711j:plain

最近感じることです。

 

昨年2月にした左肺の手術、今でも傷の痛みは続いています。

術前の説明で、「数ヶ月から半年、1年くらい痛みが続く人もいます」と先生。

 

術後から痛み止めを飲んでましたが、正直言うと「効いている」「効いていない」かよく分からずで・・・。。

 

「上半身弱ったから?」と筋トレしたりストレッチもしましたが

あまり効果がありません

 

 

 

そして日増しに痛みがツラくなり、先月の診察で強めの痛み止め」を出してもらいました。

 

かなり期待して飲んだのですが・・・

「なんとなく痛みが和らいだかな?」くらいで効果がイマイチ。

 

 

前よりも痛みが増した理由は多分これです。

「パソコンに向かってる時間が増えたから」

 

 

鍛えようと意識して筋トレしたり、バイトで全身動かしてるならリハビリにもなりましたが、座りっぱなしだと体を動かすことも減ります。

そのため、腹筋・背筋、更に全身の筋肉も弱ったようで・・・。

 

結局、弱った傷の周辺を支えれない感なんだと思います。

傷の痛みと一緒に、猫背もヒドくなりました・・・。

意識して姿勢を伸ばしてれば少しは痛みも減りますが、短い時間しか続かず・・・。

 

 

 

そこで「姿勢を矯正できる」「背中を支えれるもの」で良いものがないかと探してみました。

 

条件は、ただ肩甲骨を広げるようなものではなく「傷のあたりで固定できるもの」

そしてコルセットのように固定ではなく、ある程度柔軟性のあるもの。

 

なんとなく自分でイメージしたもの探す・・・、そして見つかりました。

 
付けた感想ですが、最初は結構キツかったです。
特に肩のあたりが。
だいぶ猫背になって、肩が前に出てたのかもしれません。
矯正のせいか、多少頭痛と吐き気が・・・。
 
 
このサポータはみぞおちあたりで固定し、後ろからのクロスベルトで強度の調整も出来ます。
 
最初は短時間から始め少しづつ強くし、1・2ヶ月の装着で姿勢を治し、3ヶ月後には装着時間を減らしていく。
 
 
購入してから1ヶ月近く経ちますが、付けると傷の痛みはほとんど感じません。
さらにサポーターを外すと以前より姿勢が良くなってる気がします。
付けている効果は大きいと思います。
 

 

その後ですが、パソコンに向かう時は付けるようにしてます。

付けないと背中がピリピリするから。

 

思ったことはこれだけに頼るのではなく、お腹の脂肪が少しでも落ちるように有酸素運動と腹筋・背筋を鍛える。

 

それにより矯正によるサポートと、自分自身で矯正できる体になるのかと。

+自分で変えようとする意識。

 

ご覧いただきありがとうございました。

ランキングに参加中です。よかったらポチッとお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ