肺がん治して 楽しく生きたい

ステージⅢと心の療養ブログ メンタル弱すぎでも先を明るく

文字入力

f:id:kuu-ki:20210710163221j:plain

ちょっとネタっぽい話ですが・・・。

 

少し前から職業訓練に通っていて、習うのはワードやエクセル、パワーポイント。

ワードでは操作方法もですが、文字入力がメインです。

テキストや問題集、先生から与えられるプリントなどで入力練習、簡単な地図なんかも作れるんですね。

 

 

 

で、文字を入力したあと変換しますが、その変換にちょっとクセを感じます。

「なぜこっちが先に?違う方だろ!」と思うことがよくあり・・・。

例えば「ないせん」と入力し、変換したいのは「内線」、出てくるのは「内戦」

 

一般人があまり「内戦」という言葉は使わないような気が・・・。

たぶん予測変換でこれまでの変換候補から出てくるのだと思いますが、「ちょっと?」と思ったのを挙げてみました。

 

しめい(氏名)⇒指名、  なんてん(何点)⇒難点

すいとう(水筒)⇒水稲、 ねん(年)⇒

ぼう(志望)⇒脂肪・死亡、  じこ(自己)⇒ 事故

かげき(歌劇)⇒過激、 ぶたい(舞台)⇒部隊

だいし(台紙)⇒大師、 かんち(感知)⇒完治

まんえん(万円)⇒まん延、 ちょうりょく(聴力)⇒張力

じゅしん(受信)⇒受診、 しゅうかん(週間)⇒週刊・収監 

たんか(単価)⇒短歌・担架、 さいし(再試)⇒妻子・祭祀

 

「念」とか「事故」「死亡」など怖さすら感じますし、「大師」なんて言葉は日常生活には出てきませんよね。

「まん延」という言葉も社会情勢を知ってるようなので、もしかしたらコロナ過でのオリンピック開催も知ってるのかも。

「収監」とか「担架」「妻子」なんて週刊誌の記事になりそうなキーワーです・・・。

 

 

少し悪意を感じるパソコンですが、最後は授業中に一人で吹き出した変換です。

さとうとしお(佐藤敏夫)⇒砂糖と塩

 

「クッ・・・・・・こ、このパソコン・・・・」

現実の「佐藤敏夫さん」には問題ありません、パソコンに・・・。

 

そう言ってる私のパソコンですが、「へんかん」と入力すると「返還」が先に出てくるんです。

何を返せばいいのか・・・?

 

ブログ村

ご覧いただきありがとうございました。

ランキングに参加中です。よかったらポチッとお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ