肺がん治して 楽しく生きたい

傷んだカラダと病んだココロの療養記、プラスαで雑録が付いてきます。

CT 5本目

f:id:kuu-ki:20210607171825j:plain

3ヶ月ぶりの検査です。

 

血液検査とレントゲン、そこから30分以上待ってのCT受付、それまでのんびり読書します。

 

コーヒー飲みたいけど、検査前なのでガマン、ガマン。

 

そして受付後、看護師さんから問診がありいつもより色々と聞かれました。

「ちょっと放射線の先生と相談してきます」

結局、担当医(呼吸器)にも相談して「予定と少し検査内容が変わります」と。

 

 

 

よく分かりませんが、ベテラン看護師さんのカンとか経験から「違和感を感じて」

そうなったのだと思います。

「ゴメンナサイね、心配したでしょ」

「いえいえ、こちらこそ」

 

 

そこに以前一緒に入院していたTさんが来ました。

「また入院してたぞ~」

 

昨年秋に再発し、そこから再度の抗ガン剤治療。

 

 

初めて治療する時や、薬が変わった1回目の治療時は入院しなければいけません。

副作用があるから、その為の入院だったそうです。

 

 

 

11月から治療始めたそうですが薬が効かなく、薬を変えるたびに入院。

 

そして先月も1ヶ月入院してたと。

「7回目の入院だぞ💢」

 

今までなかなか薬の効果が出ず、今日もこれから治療だと言ってました。

そのため治療前のレントゲンに来たとのこと。

 

 

少し前の入院時に「他にも転移が見つかった」と言われたそうです・・・。

それでもいつものように元気です。

早く効く薬が見つかることを祈ってます。

 

 

そして

「◯◯◯番の方~」

「あ、はい」手を挙げます。

看護師さんがそばまで来ますがなかなか動きません。

Tさんの方を見ています。

 

 

 

「あの◯◯◯番、私です」

「あ~スイマセン、お父さんに付き添いできた息子さんだと思ってました」

「なかなかお父さん立ち上がらないなって思ってました・・・、スイマセン」

 

Tさんも私もスキンヘッドに近い坊主。

見た目は似てるし、歳も親子に思われてもしょうがない。

 

f:id:kuu-ki:20211002121857p:plain

 

「仲いいんですね~」

「入院した時、同じ部屋だったんです」

「入院してたんですか~」

「1年前に」

 

もう1年経ったんだって、懐かしく思えました。

 

 

検査前に機械の上で横になり、造影剤用の針を刺します。

「少しチクッとしますよ」

「い゛っでぇ~」(痛え~)とは言えずガマンする私。

 

「大丈夫です・・・」

どうして男は女の前で見栄を張るんでしょうか・・・?

 

 

検査も15分くらいで終わり、会計も済ませます。

そしてやっとコーヒにありつけました。

結果は1週間後、続く・・・。

 

今日の一句

病院で 飲むコーヒーが 旨すぎる

 

ご覧いただきありがとうございました。

ランキングに参加中です。よかったらポチッとお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ