肺がん治して 楽しく生きたい

ステージⅢと心の療養ブログ メンタル弱すぎでも先を明るく

表現

f:id:kuu-ki:20210507164645p:plain

買い物中に昔の同僚に会いました。

その後の事とか、最近の事など短時間でしたがお互い報告。

その会話の中で、最近会社で「顔から火が出そうだった」くらいのハジをかいて笑われたと言ってました。

 

その時は普通に聞き流しましたが、ああゆうコトワザとかどうやって作ったんでしょうね?

自分の体験をもとに?誰かの様子を見て?

 

 

 

・顔から火が出る

意味は恥ずかしくて顔が赤くなる

 

誰か顔から火が出た人がいたのでしょうか?

「〇〇さん宅から火が出て」というニュースは聞きますが、

「〇〇さんの顔から火が出て」なんてニュース聞いた事ありません。

顔で何か出来るのは、アンパンマンくらいかもしれませんね。

 

 

 

・二階から目薬

意味は2階から階下の人に目薬を差そうとしても上手くいかず、もどかしいこと

もう一つは遠回しすぎて効率的でないこと

 

これも誰かやったから言えるんですかね?

あまりにも極端過ぎる表現です。

3階からオロナミンCの方がまだ現実的なような気がします。

 

 

 

・立つ鳥跡を濁さず

意味は立ち去る者は見苦しくないように、キレイに後始末をしていくべき

または、引き際は美しくあるべきだということ

これはわかりますね。

前の会社辞めてく人は(嫌な思いをして)挨拶もせず、作業服も洗わず返したりとか。

波紋を立てずに飛び立っていく、そういう事ですね!

似たようなことわざで、「ブラック去る時強気で」といのもあります。

 

 

・河童の川流れ

意味は達人とか名人でも、油断すると簡単な事でも失敗をするという例え

 

もしかしたら河童が溺れてるかもしれませんね。

分かりやすい例えかもしれませんが、すぐに救助するか119番しなければ本当に川流れになってしまいます。

その時は標本にされるかもしれませんが。

でも文字だけ見れば、河童が気持ちよさそうに流れに乗ってるのが目に見えそうです。

 

 

 

・馬鹿とハサミは使いよう

意味は切れないハサミも使い用があるように、バカも使い方しだいでは役に立つ。

 

何かに対しては苦手でも他の事では才能や能力が有る事なんでしょうね。

ただ前の会社では、「馬鹿(上司)と〇〇ミは使えない」ですね。

なんでも閉鎖に向かってカウントダウンとか・・・。

 

 

 

ことわざでもなんでも、世の中には面白い表現が沢山ありますね。

ただこの歌詞の表現は神がかりのような気がします。

 

マッハロットで
ブロロロローブロロロローブロロロロー
ぶっとばすんだ ギュンギュギュン
魔人ドルゲをルロルロロ
やっつけるんだ
ズババババーン
バロムクロスで
キューンキュン
ふたりがひとりバロローム
みんなでよぼうバロム ワン
必ずくるぞバロム ワン
超人 超人ぼくらの バロム ワン

 

海外でも通用しそうな歌詞・・・?

私には・・・まだまだ修行が足りないです・・・。

 

ご覧いただきありがとうございました。

ランキングに参加中です。よかったらポチッとお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ