肺がん治して 楽しく生きたい

傷んだカラダと病んだココロの療養記、プラスαで雑録が付いてきます。

「がんが消えていく生き方」 船戸崇史 著

f:id:kuu-ki:20210310114948j:plain

読みやすくて、勉強になりました。

 

ガン治療に携わってきたお医者さん自らがガンになり手術、その後の生活をどう過ごしてきたかを書いた本です。

 

体験談ですからとても参考になり、今2回目を読み進めています。

 

 

この本を読むまでは「ガン治療はほぼ病院任せ」になっていました。

免疫力をつけたり健康には自分で注意しますが、自分で治すという積極的な部分が足りなかったと思います。

 

内容は手術や抗ガン剤・放射線などは治療の一部分で、多くを占めるのは

「自分がどのように生活するか」でした。

 

 

病気になって、ガンはあなたに「変わりなさい・見直しなさい・気付きなさい」と言っているそうです。

生活習慣、自分の性格、人との関わり方、仕事について・・・・、上げると切りがないかもしれません。

 

そしてガンになりやすい人は、我慢して・頑張る・頑固者の3G。

ほぼ私に当てはまっています・・・。

 

 

3Gに気をつけながら、自然治癒力を上げてガンを治していく方法として5か条を上げていました。

①寝技(睡眠)

②食技(食事)

③動技(運動)

④温技(加温)

⑤笑技(笑い)

 

この5か条や、食事についても細かく書いてあります。

当たり前だったことでも、言われると反省することが多すぎました。

 

 

そしてこの方は施設も運営していて、ガン患者さんがたくさん訪れるそうです。

「直接どう治すか」ではなく、「どう過ごすか」に重点を置いているようです。

そこでの出会いや経過なんかも書かれています。

 

この本を読むまでは軽く考えていたことや知らなかったこと、その他いろいろと多くのことを教えてもらえました。

 

ガンの方やそうでない方も読む価値あると思います。

 

ご覧いただきありがとうございました。

ランキングに参加中です。よかったらポチッとお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ