肺がん治して 楽しく生きたい

傷んだカラダと病んだココロの療養記、プラスαで雑録が付いてきます。

結局いつもの担当医へ

f:id:kuu-ki:20210215163140j:plain

1ヶ月ぶり診察でした。

 

診察前に以前病棟で同室だったTさんと再開、会うのは今年初。

 

 

いきなり「また入院してた」とのこと。

 

相変わらず大きい声で、みんなジロジロ見ますがお構い無しで話します。

なんでも11月の抗ガン剤治療が効かなかったらしく、そのため先月違う薬で治療したそうです。

 

その先月の薬もあまり効果が無く・・・、おまけに「糖尿になった・・・」とぼやいてました。

 

 

 

Tさんと別れ診察室へ。

 

腫瘍マーカーもレントゲンも異常無し。

ちょっと安心、いやマーカーに関してはかなり安心です。

以前の数値が・・・、もうあんなことはイヤ。

 

 

しばらく続く器官の苦しさですが、今後も吸入薬を使用することになりました。

使ったほうが少しは楽なので様子見も。

 

手術の影響もありますがタバコの吸いすぎがよくなかった、今になって後悔。

健康より仕事を選んだ結果です・・・。

 

 

全体的な体調は「良くもなく悪くもなく」といった感じなので、特別伝えることもありませんでした。

来月は術後のCT、検査結果を含めた診察です。

 

 

その時またTさんと会うと思いますが、お互い体調が良くなってることを期待して。

 

 

寒くなったり暖かくなったり、大きな地震とかコロナで大変ですが、早く落ち着いた温かい日を迎えたいですね!

 

ご覧いただきありがとうございました。

ランキングに参加中です。よかったらポチッとお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ