肺がん治して 楽しく生きたい

傷んだカラダと病んだココロの療養記、プラスαで雑録が付いてきます。

笠井さんの本

f:id:kuu-ki:20210119111927j:plain

「生きる力」

 

書店で「引き算の縁と足し算の縁」の文字にに惹かれ購入。

 

 

病気によって失う事もあるけど、逆に得ることもあるという話がありました。

 

仕事や収入が減っても(引き算の縁)、

病気になったことで新しく出会える人もいる。(足し算の縁)

 

「病気をきっかけに、こうなれたんだ」という思いになれたそうです。

 

笠井さんも失うことによる「引き算」ばかり考えていたそうです。

私も失ったことばかり考えていましたし、失うことを怖がってもいました。

 

 

 

そして、「がん」をきっかけに「これまでとは違う生き方を考えるようになった」

そうです。

 

無理して生きて「がん」になったので、これからは余裕を持って生きたいと。

 

 

とても共感出来ました。

私もなんで「あんなに無理してきたのか?」って思います。

 

結局なにが残ったかわかりませんが、あの生活からやっと離れることが出来ました。

「病気をきっかけに!」

 

 

元同僚から、「無理しすぎたんだから、休みなさい」って言われてます。

 

 

私も笠井さん見習って、「無理せずに気持ちに余裕のある人生」目指したいと

思いました。

今はまず、息苦しさをバロメーターにして「頑張りすぎないことをガンバる」

 

 

あまり書くとネタバレになりますが、笠井さんの人の良さが分かる本。

入院中のことも書いてあり、勉強になります。

 

 

 

診察の待ち時間に読み始めましたが、あっという間に読み終えてました。

運良く、待ち時間が長かったのもありますが。

 

 

笠井さんの方ががん発覚・入院は少し早いようでしたが、時期的には私とほぼ同じ頃でした。

 

病気も治療もかなり大変のようでしたが、回復されて本当によかったです。

「体験が人に伝えられる、人の気持ちになれる」そう思えた本でした。

 

ご覧いただきありがとうございました。

ランキングに参加中です。よかったらポチッとお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ