肺がん治して 楽しく生きたい

傷んだカラダと病んだココロの療養記、プラスαで雑録が付いてきます。

術後の診察

f:id:kuu-ki:20210106163641j:plain

もう1ヶ月経ちました。

 

寒さと道路の凍結で何度もスベってましたが、なんとか時間通り病院へ。

 

傷については問題ないそうです。

術後、右脇下から右腕に走るシビレと痛みが続いてます。

それを聞いてみると、「手術時の腕の位置が原因」のようでした。

腕を頭の方に上げた状態で手術だったそうです。

 

f:id:kuu-ki:20210218202516j:plain


「こんな感じで手術だったのでしょうか?」

 

 

それと右胸内部にも痛みがありましたが、胸と腕の痛みも「時間が解決する」との

ことでした。

なんだか失恋のようですね、私には未だ解決してない恋がありますが・・・。

 

引き続き痛み止めを飲みます、まだ1ヶ月なのでしょうがないですね。

 

 

 

次に、ここしばらく続いている「息苦しさ」と「器官の苦しさ」を伝えました。

だいぶ前に「気管支喘息」と言われた事があり、その症状に似ています。

その事を伝えて診てもらいましたが、喘息ではないようです。

 

 

一応喘息の薬を出してもらいましたので、使用しながら様子見になりました。

先生が言うには「肺を切ったから苦しいのでしょう」と。

でも、なんとなく寒さが原因かなと思ってます・・・。

 

 

そして、手術の結果です。

ハッキリはわからないそうですが、左肺からの転移ではないようです。

 

2年前の検査では右肺の腫瘍らしきものが先に写ってましたが、左肺には何も無し。

 

右から左に移った?単独?同時進行?「これだ!」とは断定できないそうです。

そして手術の結果、今回のガンは「ステージⅠb」と言われました。

 

 

 

さらに・・・、今後また抗ガン剤治療になるようです。

 

予想外の展開に、少しパニックです。

「ああ、また先のことがわからなくなる・・・」

 

少しでも早く今後のことを決めてほしいので、再来週の診察予定を来週に変えてもらいました。

 

 

今日の診察は手術をしてもらった呼吸器外科、抗ガン剤治療は呼吸器内科。

診察してるのは隣の部屋、カベの向こうです。

 

「治療の説明だけなら今日出来ないの?」

「隣の部屋でしょ?」

これが本心ですが、そんなこと言えません。

 

再来週の診察を来週に変えてもらうこと、これが私の出来る抵抗です。

 

なんかその辺が融通効かないと言うか、大きな病院だからというか。

そんな事を思いながら家路につきました。

 

そう思う私も、融通がききません・・・。

 

 

 

ご覧いただきありがとうございました。

ランキングに参加中です。よかったらポチッとお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ