肺がん治して 楽しく生きたい

ステージⅢと心の療養ブログ メンタル弱すぎでも先を明るく

手術

f:id:kuu-ki:20201206090640j:plain

変えてもらった眠剤が効き、昨日は久々に熟睡できました。

5時には目が覚め、いつもならコーヒーを飲んでるところです。

ついついお湯を入れそうでしたが、途中で「今日手術だ」と気づき諦めます。

 

6時過ぎに浣腸、2回目ですがあまり気持ちいいものではありませんね。

前回の手術では朝からなんだかんだとバタついた気がしますが、今回は全くそんな事ありません。

 

トイレに行って、血圧と体温測って、後は時間まで待つ、そんな感じでした。

あとは部屋を出る前にストッキングを履くくらいです。

二度と履かないと誓ったストッキング、これをまた履くとは・・・。

 

 

 

時間になったので、胸にマーキングを打つためストレッチャーで移動です。

処置室なのかよくわからないけど、すんごい部屋のベッドの上へ。

 

付き添ってくれた看護師さんが「頑張ってね♡」と。

こんな言葉が有り難いですね。

 

マーキングはCT見ながら針を刺すそうですが、このへんは神業らしいです。

撮影した後、麻酔するので「チクっとしますよ」と言われます。

その「チクっと」=結構痛い。

そして針が刺さったようです・・・、痛い。

さらに麻酔、針が「ズブッ」「グリグリ」みたいな感じで、めちゃ痛い。

 

また撮影、そしてズブッ。

これを数回繰り返し、終了。

時間にして15分から20分くらいだと思います。

はじめから顔を隠されてましたが、もし見えていたら気を失ったかもしれません。

 

 

 

その後、ストレッチャーで手術室へ。

手術台へ移動するなり、「〇〇科の〇〇です」と続けて何人も看護師が来ます。

わけもわからず「よろしくお願いします」を連発してました。

この時会った看護師さん全員が美人に見えます。

 

最後に挨拶した「〇〇です」と言ったおばさん看護師、こちらも美人に見えました。

すごく優しかったせいかもしれませんが、多分緊張のせいだと思います。

いや、マスクのせいかもしれません・・・。

 

なんだかんだ話かけられながら準備したり、いろいろ体に取り付けられてました。

そして「麻酔入りますので、眠くなります」

ここまで10分もかからなかったと思います。

 

やはり手術の内容でぜんぜん違うんですね。

前回の準備とはスゴイ違いがありました。

「あ、宜しくおねがいします」と目をつぶります。

この時に気になってたのは、「どのタイミングでおしっこの管が入るのか?」。

聞くに聞けず、あっという間に意識が遠くへ・・・。

 

 

 

「麻酔の効きが良かった」そんな感じで話しかけられたようでした。

この時点で手術が終わったことにまだ気づいてないです。

他にも何か言われましたが、もうろうとして覚えていません。

その後しばらくしてから「ガラガラガラ」の音と、体に振動を感じます。

「麻酔覚ます部屋に移動してますよ」、これで今の状態がわかりました。

「手術終わったんだ」。

 

看護師さんに

「痛いとこありますか?」

「肺が痛いです」

「手術しましたからね」

「・・・・・・・・・」

そんなこと分かってます、聞かれたから答えたんじゃ!

 

少し息苦しかったので、深く息を吸っていいか聞くと「大丈夫」とのことなので、

少しづづ息を深く吸います。

痛みはありますが、だいぶ呼吸が楽になってきました。

ここからは病棟に早く戻りたいので、麻酔から早く覚めることに集中してました。

そのため聞かれたことにもはっきり答えます。

そのため意外と早く部屋に戻れることに。

 

 

 

手術前に移動しながら見た天井、これをまた見ながら部屋に戻ってます。

変な感覚で、なんか気持ち悪かったです。

今の時間を聞くと部屋を出てから4時間も経っていません。

本当に予定通りだったようです。

 

手術の結果、怪しかったところはガンでした。

悪い腫瘍と風船をとって、無事終了です。

 

前回に比べるとだいぶ楽ですが、痛みはそれなりにあります。

ドレンも多少痛みます。

しばらくは肺が痛かったのですが、気がついたら傷口の方が痛くなってます。

 

前にドレンでかなり辛かったことを伝えてあるので、点滴の中に強い痛み止めを入れてもらってました。

それを使いながら他にも痛み止めの点滴をして対処してます。

おかげでだいぶ楽です、会話も普通に出来ますし。

 

前回は痛みにブチ切れそうで、途中からは泣いてガマンしてました。

あの苦しさに比べると、今回は耐えれるのでとても楽です。

 

夕食にお粥が出ましたが、食欲がなくほとんど残しました。

栄養士さんの言ったことを守れず、ごめんなさい。

 

その後様子を見に来た先生から「明日の朝から歩いてください」とのことでした。

「よし、歩くぞ!」、いやむしろ今から動かせて下さい。

「今日はダメです」

「・・・・・・・」

 

夜勤の看護師さんに「明日の朝歩きたい」と伝え、準備をお願いしました。

今晩は痛み止めと眠剤を飲んで寝ます。

でも痛みが・・・。

 

ご覧いただきありがとうございました。

ランキングに参加中です。よかったらポチッとお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ