肺がん治して 楽しく生きたい

傷んだカラダと病んだココロの療養記、プラスαで雑録が付いてきます。

手術に向けての診察

f:id:kuu-ki:20201117170504j:plain

診察のため、病院へ。

 

久しぶりに会った呼吸器外科の先生から、状態の説明を受けました。

 

手術になりそうな右の肺の腫瘍は、良性か悪性かわからないそうです。

もしかしたら「炎症で反応が出てる可能性もあります」とのこと。

 

 

今回「ガン」の可能性があるのは再発でも転移でもなく、1年前の検査から

ヤツ」は住んでいて反応もしていたそうです。

 

しかもその頃から少しだけ大きくなっているらしく、PET-CTの結果も踏まえ

「ガン」の可能性が高いとのことでした。

 

再発や転移ではないと聞いて、少し安心しました。

 

 

 

 

 

良いものか悪いものかわかりませんが、わからないものを残してても不安です。

もしかしたらそれが後々悪性だとわかったら・・・。

 

そんなこともあり、手術して取ることにしました。

良性なら、それはそれで「良し」として。

 

先生もその方が「ベター」ですと言ってました。

(グッドではないんですね)

 

 

腫瘍は小さいらしく、部分的に取る縮小手術らしいです。

 

呼吸機能が下がるのも数%(一桁)とのことでした。

 

これ以上呼吸が苦しくならないように、祈るだけです。

手術は来月初め、師走です。

 

 

 

 

 

1年近く前から検査が始まり、今年初めに「がん」の診断。

手術で治療が終りと思ったら、抗がん剤治療。

 

 

副作用で苦しみながらも「やっと終わった」と安心したところへ、また手術。

 

今まで経験したことのないような1年になりました。

今年は来年につなげる準備の年だったと思うようにします。

 

 

ガンの治療は時間がかかりますね。

落ち込んでも「前向きに治療」、頑張りましょう・・・。

 

ご覧いただきありがとうございました。

ランキングに参加中です。よかったらポチッとお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ