肺がん治して 楽しく生きたい

ステージⅢの療養ブログ メンタル弱いが先を明るく

この1ヶ月

f:id:kuu-ki:20200814200920j:plain


 

前回の診察から、ほぼ1ヶ月が経ちます。

2月の手術から半年近く経つので、この1ヶ月中に検査をしてました。

他に胃の検査もしてます。

 

先頭バッターは、CT検査です。

前にも書きましたが、これは機械の中に入っても視界が広くできています。

私みたいに閉所恐怖症の人でも安心して検査を受けれます。

 

ただ造影剤が体に入ってくると・・・気持ち悪いです。

言葉で表すと、「むぁ~」「ぬぁ~」「むへ~」「むぉ~」みたいな感じです。

体を揺らしたくなってきますが、怒られるのでやめときました。

 

途中、

「痛かったら言って下さいね」

「あの腕が痛いんですが・・・」

「それは針が刺さってるからです」

「・・・・・・・・・・・・・・」

 

検査は15分くらいで終わりました。

 

 

 

 

 

二番はセカンド篠塚、いやセカンド胃カメラです。

食後の吐き気、ゲップが治まらないため検査することに。

 

病院によってですが、検査の時に意識が遠くなって検査をするところと、意識がはっきりした状態で検査するところがあります。

 

希望は意識がないとこで検査してほしかったのですが、残念ながら意識バリバリです。

なので今回は喉の麻酔を350%くらい効くように入念にしました。

 

更に今回のミッションは、「うぇ」となってもリラックス。

苦しくても力を抜くこと!

 

そして検査開始。

速攻で「うぇ」「うぇ」、ですが意識してリラックス。

「うぇ」、でも肩の力を抜いて、しかし「うぇ」れんぱつ。

最後の最後まで自分に「力抜いて」と言い聞かせ、無事終了。

トータルで「13うぇ」でしたが、これまでの胃カメラで一番ラクでした。

こつは力を抜くことです。

 

結果は

「抗がん剤の副作用ですね」

「胃も十二指腸もきれいです、問題ありません」

そりゃ、女優ですもの。

 

 

 

 

 

最後はMRI検査です。

胃カメラでも気が重いのですが、こちらも避けたいです。

それは閉所恐怖症だから。

 

ですが検査です。

終わらなければ昼飯が食べれません。

 

説明を受け、機械へ。

これまで音の対策はヘッドフォンでしたが、この病院では耳栓です。

恐る恐る横になります。

 

スルスルと機械の中へ。

「天井近すぎる!」

ですが、我慢して目をつぶります。

そして音が鳴り始め・・・。

「ん?今までより音が低いな」と思っているうちに・・・・・

 

寝ていました!

このオレが不覚にも・・・。

薬を体に入れるために一度外に戻されますが、その後機械に入ってもまた寝ました。

 

機械の中の天井にモニターとか貼って、何か映せば楽しめるのではないでしょうか?

和牛のライブとか。

 CTとMRIの検査結果は来週です。

  

ランキングに参加中

よかったらポチッと!

にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ