肺がん治して 楽しく生きたい

傷んだカラダと病んだココロの療養記、プラスαで雑録が付いてきます。

副作用1 点滴漏れ④話

f:id:kuu-ki:20200702170049j:plain

さらに1ヶ月後、腕の診察です。

 

「どうですか?」

「ほとんど変わらないです」

 

「やはり長くかかると思います」

「はい」

 

「ただ、腕は動かしてくださいね」

 

 

 

 

最近はこんな会話で診察時間も5分程度、薬も前回と同じです。

神経の痛みってやっかいですね。

手術の傷口も少しづつ痛みが引いてるのが分かりますが、腕に関しては・・・。

 

焦らず、気長に構えるのが一番の薬かもしれません。

でも現実は厳しい。

 

今日も診察代より駐車場代のほうが高い。

こちらも現実は厳しい・・・。

 

ご覧いただきありがとうございました。

ランキングに参加中です。よかったらポチッとお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ