肺がん治して 楽しく生きたい

傷んだカラダと病んだココロの療養記、プラスαで雑録が付いてきます。

抗ガン剤の治療後に(副作用まとめ)

                 f:id:kuu-ki:20200628160033j:plain

これまでの抗がん剤治療で、気づいたをまとめてみました。

 

※治療中・治療後に私が感じた症状です

※副作用と違うのもあるかもしれません

 

 

 

 

赤字は特にツラい症状対処した事です。

 

 

当日~

 ・抗がん剤開始後の血管の痛み 
       看護差しさんに点滴のスピードを下げてもらう

       腕を痛めたのでポートを胸に埋め込み、次回はそこから点滴することに

 ・動悸

 ・熱っぽさ(ほてり)
 ・胸やけ

 ・フラフラ感

 ・下痢

 ・トイレが近い(30分~1時間に1回は行ってました)

 

 

2日目~1週間くらい

 ・吐き気
       吐き気止めを飲む (完全には治まりませんが、飲まなきゃツラいです)

 

・食欲不振 

       食事内容を変える (さっぱりしたもの、匂いがあまりしないものなど) 
  ↓に対処法があります
 

・ダルさ
       ツラい時は無理せず、横になるのが一番

  ただ横になるのもツラいので、ベッド上でPCや読書して気を紛らわしました
 
 めまい
 ・耳鳴り
       ※この2つの症状がでたら、早めに連絡をして下さい

  この副作用で私は両耳が耳鳴り、左側は難聴になりました
 

 ・ゲップ

 ・発熱

 ・息切れ
 ・ノドの違和感・痛み
 ・口内炎・歯茎の違和感
 ・関節痛
 筋肉痛(首から肩・背中)

       お風呂で温めたり、ハンディマッサージ機でほぐしてました

 指先のしびれ(手・足両方)
 ・口の周りのしびれ
 ・便秘

 ・頻尿・排尿後の痛み

       排尿後の痛みは10日前後で、頻尿は徐々に減っていきました
 血が止まりにくい
 ・頭がボーとする(忘れやすかったり、すぐ判断出来なかったり)

 全体的に抵抗力が弱くなる

 

 

 

2週目~
 ・脱毛
       もともとハゲ具合がステージ3でしたので気になりません

 虫歯になりやすい

 体力が衰える

 

私が感じた症状としてはこんな感じです。

 

 

個人差は大きいと思いますが一般的には「吐き気」と「ダルさ」に苦しむ方が多いようで、特に治療中の食事には参りました・・・。

 
 
 そこで、食事に対する対処方法を少し上げてみます。

・吐き気につながるので、ニオイの強いものは避ける

   →温かいものは冷ます、これでニオイがあまり気にならなく。

 

・さっぱりしていて簡単に食べれるものがオススメ

 →茶碗蒸し、卵豆腐、豆腐、ゼリー、アイスクリーム、サラダ、

  フルーツ、ヨーグルト、冷たい麺類、おにぎり、パン、ゆで卵 

  他にもいろいろあると思いますのでお好みをチョイス!

   

     ※私は治療後の調子が戻り始めた時にスーパーの食品売り場を周って、そこで

   食べたいと思ったものを次回の治療時に用意してました。

 

・食べたい時にすぐ食べれるように

 →食べやすいものを常備しておく、食べたい時が食事のチャンス

    身近に置いておくと、動く回数も減ってきます

 

・吐き気がヒドく、食欲が無い時

 →どうしても食べれない時は、スポーツドリンクで水分補給を

    これはキレイな看護師さんに教わりました

 

 

 

更に詳しく知りたい方へ

副作用の症状別にケアがわかる本」

 

 

ここに上げた副作用では、点滴で痛めた左腕が落ち着くまで約1年、耳鳴りは治らないと言われています。

 

医者も副作用すべての症例を伝えないと思いますので、治療中におかしいと思ったりツラい時は先生や看護師さんにすぐ伝えましょう。

 

それだけ強い薬だと思います、自己判断で苦しんだのは私・・・。

 

ご覧いただきありがとうございました。

ランキングに参加中です。よかったらポチッとお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ