肺がん治して 楽しく生きたい

ステージⅢと心の療養ブログ メンタル弱すぎでも先を明るく

術後の診察

                  

f:id:kuu-ki:20210126201859j:plain

2月下旬の退院後、暇を見つけて軽くウォーキングしてます。

傷の痛みや器官の苦しみもありますが、寒い時期なのに動いていました。

術前と違いすぎる現実で落ち込む日もありましたが、「動き回ってる自分」これを

イメージして過ごしてます。

 (良いイメージ持つのって、励みになるので大事ですね)

 

さっそく自転車走行してみます、でもまだ早いようです。

振動でキズ口がかなり痛みました。

(後から思うといきなり自転車って・・・普通の考えじゃ・・・バカですね)

 

この頃はリハビリすれば「以前のような生活に戻れる」 と思い込んでいました。

だから最初から無理して動いてたんですね。

 

 

そして1ヶ月が過ぎ、診察のため病院へ。

状態の説明や、検査の結果を聞きます。

ここで意外な事が・・・。

  

 

 

順調に回復はしていますが、がんの大きさと出来た所から、

「ステージⅢAで再発防止のために抗ガン剤治療をした

   方がいいですね」

 

てっきり手術が終わったら、様子見で済むものと思ってました。

しかもステージⅢって・・・。

 

ガンに対して無知でした。

芸能人の方が記者会見で「ガンのステージ」とか聞くことがあります。

正直言うと他人事でしたし、ステージの意味もよく分かりませんでした。

でも自分の目の前で宣告されると、「治す」より「死に近いのかな」と言う思いが出てきました。

   

宣告があまりのショックで、こんな感じだったかもしれません。

            f:id:kuu-ki:20200618091156j:plain

診察室にブランコはありませんが・・・。  

 

診察後、廊下のソファーで私が好きだった「今井雅之さん」の記者会見を思い出していました。

「どんな心境だったたのかな」とか考えたりして、元気に復帰してほしかったです。

 

少し待ち時間がありましたが、今度は外科から内科の診察へ。

そこで化学療法(抗ガン剤治療)の説明です。

あまり頭に入りませんでしたが、来月に入院して治療する事になりました。

 

 

 

その後、入院の説明です。

こちらの話もうわの空でしたが、「前回の入院でご飯の量が少なかった」とだけ伝えました。

なんでそんな事を言ったのか分かりません。

多分頭の中がパニックだったのかもしれませんね・・・。

 

入院は約1ヶ月後です。

ご飯は増えているんでしょうか?

 

ご覧いただきありがとうございました。

ランキングに参加中です。よかったらポチッとお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ