肺がん治して 楽しく生きたい

傷んだカラダと病んだココロの療養記、プラスαで雑録が付いてきます。

一般病棟 1日目

  f:id:kuu-ki:20200618091406j:plain


昨夜も痛みでほとんど眠れず朝を迎えました。

 

相田みつをならこう言うかもしれません。

痛みは思うように引かないものだなぁ、

にんげんだもの」

 

 

いまだベットから起き上がるのも、ままならず。

朝食を摂って、しばらく横になって休んでます。

 

 

看護師さんから、検温と血圧測定後に「体拭きますね」と声をかけられました。

が、その前に手術後恒例のオシッコの管抜きが待ってます。

 

人生3回目ですが、何度やっても本当に激痛です。

出るのは「尿とため息と呻き声」、かなり凹みます・・・。

 

昨日集中治療室の男性看護師さんが教えてくれました。

オシッコの管は「え?そんなに?」と言うくらいの長さが入ってると。

 

おかげで、恐怖心をあおられました。

  

 

体を拭いてもらった後にパンツを履かせてもらいましたが、いい歳こいて恥ずかしさのある自分に恥ずかしさを感じます。

 

 

いまだベッドの上で思うように動けずにいると、

「これ巻いてみる?」と看護師さんから提案。

芯の無いコルセットみたいな感じです。

 

f:id:kuu-ki:20200616151009j:plain

 

これをドレンの上から胸に巻くそうです。

ついつい「え、痛いのに?」と聞き返していました。

 

しかし、これが、まさか、こんな柔らかいのに、ここまでしてくれるの?的な物。

巻き始めは慣れるまで痛みとの戦いですが、その後すごい力を見せつけます。

これをつけると痛みが和らぎ、力が入って少しずつ動けるようになりました!

 

 

 

巻く前はトイレに行って戻るまで10分以上もかかっていたのに、

痛みをこらえてこらえて踏ん張ったら、歩けるようになったんです。

ほんと、涙が出そうでした。

 

あの苦しさからも開放され、トイレも普通に行って帰れるように。

「踏ん張ってよかった!」こんな感じです。

 

その後リハビリ室まで一人で行き、自転車を漕いでマシーンで筋トレ。

「昨日と全然違う、別人だ!」なんて言われてました。

 

これから、ここから本当のリハビリ開始です。

(この時点ではまだ、歩くとフラフラ感がありした)

 

 

ご覧いただきありがとうございました。

ランキングに参加中です。よかったらポチッとお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ