肺がん治して 楽しく生きたい

傷んだカラダと病んだココロの療養記、プラスαで雑録が付いてきます。

集中治療室2日目

 

f:id:kuu-ki:20200617221125p:plain


 

夜勤の担当看護師さん、早番の看護師さんと交替です。

 

私の痛みの担当はどうやらいないようです・・・。

 

ここまで痛みが続くと目を開けてるのも辛い、更に眠気もあって。

 

 

痛みで苦しんでる私に、看護師さんが代わる代わる優しく声をかけてくれます。

「昨日も辛そうだったね♡」とか。

 

運ばれた直後から痛がってたようで(あまり覚えていませんが)、

少し悪態を・・・・。

 

 

先生が来たので痛みの事を聞いてみました。

若い人は痛みに敏感で、ご年配の方は痛がらないそうです。

褒められたと思いましたが数日は痛みが続くとのこと、速攻で谷に落とされました。

 

しばらくは痛み止めが友達です。

 

 

朝食にお粥が出ましたが、痛みには勝てず・・・。

1日以上何も口にしていませんが、全く食欲がありませんでした。

 

 

当然ですが、ここにはスマホの持ち込みは出来ません。

テレビもラジオもありません。

あるのは長い時間だけ。

 

 

痛みは変わらずですが、暇なので看護師さんを眺めていました

マスクをした看護師さんって、キレイに見えますよね!

(他意はありません・・・)

 

この後、夕方に病棟へ戻る許可が出ます。

(ちなみに看護師さんを眺めすぎたからではありません)

  

看護師さん達の声に眠気を感じた時です、元気な声で

「約束通り、リハビリに来ました!」

  「・・・・・。」

(すっかり忘れてました、痛みと眠気で)     

 

「痛みが酷くて・・・」と訴えても、

「それでもリハビリはします」

この「鬼軍曹!」と言いたくなりそうです。

 

 

 

リハビリと言ってもベッドから出るだけで数分かかります、大袈裟ですが・・・。

簡単に動けないんです、立てないんです、痛くて。

 

ホント情けなかった・・・、手術前とすっかり別人になりました。

 

それでも両サイドを支えられて、激痛をガマンしながらなんとか立ちました。

そして歩き始めます、記念すべき1歩。

痛みをガマンしながら、一歩二歩三歩と・・・。

 

その時の気持はカッコ良く言うと、「痛がってる自分に負けたくないから歩く」

そんな感じでです。

 

心の奥では、

「こんなに呼吸が苦しいの?」

「こんなに歩くのがシンドイの?」

(ちなみに歩いた距離は70m、気持ちは7000m)

 

その後昼食を少し食べ、午後のリハビリではこの倍歩きました。

 

この時無理して歩かなければ、もっと大変な思いで歩くことになったかも。

そうならないためのリハビリだったのかもしれません。

 

 

そして夕方、一般病棟へ。

ベッドから起きるのも看護師さん3人がかり、そして車椅子で移動。

 

 

この日も点滴・注射・座薬の痛み止めが全く効かず。

本当にツライです・・・。

 

 

踏ん張って、車椅子から病室のベッドになんとか移動。

食欲はありませんが遅い夕食を少しだけ食べ、長い一日がやっと終わります。

 

結局横になっても痛みがヒドく、夜中にベッドの角度を何度も変えましたがムダに時間を過ごしただけでした。

多分相当うるさかったと思います、「ごめんなさい」。

 

ご覧いただきありがとうございました。

ランキングに参加中です。よかったらポチッとお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ