肺がん治して 楽しく生きたい

ステージⅢと心の療養ブログ メンタル弱すぎでも先を明るく

集中治療室1日目

f:id:kuu-ki:20200618085222j:plain
                

遠くで声が聞こえるのですが、何を言ってるかわかりません。

意識朦朧(もうろう)とは、こんな感じなのかもしれませんね。

手術室でベッドに移されたようで、なんとなく振動を感じながら運ばれた

気がします。

ここで先生に声かけられ、現実世界へ。

「無事、手術が終わったよ」

 

この言葉を理解するまで、だいぶ時間がかかりました。

理由は、胸の痛みがひどかったから。

何もしなくても痛い、何をしても痛い。

激痛以外の言葉が浮かびません。

 

 

 

その後家族と面会できましたが、あまりの痛さで会話もままなりません。

時間を聞くと、もう15時。

 

おおよそ5時間の手術。

ここでやっと、「手術が無事終わったんだ!」と理解できました。

ですが、そこからが更なる痛みの始まりでした。

 

なんとか体勢を変えて痛みを回避しようとようとするのですが、痛くて動く事が出来ません。

むしろ、刺激を与えると悲鳴が出そうです。

その悲鳴で更に悲鳴を出しかねません。

こういう状態を「ドツボにはまる」と言うのかもしれませんね。

 

麻酔が覚めてくるにつれ、痛みが増してきました。

結局、痛みの原因はドレーン

                                   

                         f:id:kuu-ki:20200621215237p:plain

この管に刺激された痛みのようでしたが、それに気づいたのはだいぶ後でした。

そんなことにも気づかず、何時間もベットの上で1人でもがいていました。

 

 

 

しばらくすると、今度はタンがからんできます。

自分では痛みのため、出す事が出来ません。

ちょっとでも力を入れると、即激痛です。

苦しくなって、看護師さんにバキュームで吸ってもらいます。

「スゲー、こんなモノまであるんだ」が正直な感想でした。

 

この時点で21時。

痛みで眠ることも出来ず、ただ耐えるだけ。

 

結局、そのまま朝へ。

痛み止めの点滴、注射、座薬と間隔を開けて使用しましたが、

全く効きませんでした。

ここまで痛くなると効き目がないようです・・・。

 

朝日は見えませんが、「鳥の鳴き声」と「熱いコーヒー」があれば徹夜明けを実感

できたかもしれません。

 

ご覧いただきありがとうございました。

ランキングに参加中です。よかったらポチッとお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ