肺がん治して 楽しく生きたい

ステージⅢと心の療養ブログ メンタル弱すぎでも先を明るく

手術に向けての診察

                               f:id:kuu-ki:20200617220823p:plain

宣告からここまで、とても長く感じた3週間でした。

前の病院も大きいのですが、それ以上に大きい、いや大きすぎる病院。

駐車場は広いのに、空いてるスペースが見つからず・・・。

困っていると、警備員の方が誘導してくれました。

 

建物も大きく入り口がわからず、平静を装いながら知らない人に付いて

病院内へ。

 

めちゃくちゃ緊張しながらも、なんとか受付を済ませ受診です。

簡単ですが病気の現状と、今後の予定を聞きました。

  

 

 

 4日後に家族と説明を受け、2週間後に入院・手術の予定です。

入院を待っている方も多いようで、私も日程を押さえもらえました。

データは伝わってるようですが、今日は血液とCT検査で終わりです。

 

そして4日後、親と一緒に説明を聞きに。

「前の病院で早期のガンと言われたようですが、それなりのガンですね」

「ガンが大動脈の近くにある為、手術できるかどうかわかりません」

「中の状態を見てから手術するか判断します」

  

「・・・・・・・・・・・・・」

ここで病気の現実へ一気に戻されました。

「手術すれば治るんだ」くらいにしか思ってませんでしたから・・・。

大変なことになってたんだ・・・と、浅はかすぎる自分に何も言葉がありません。

 

この頃一番気になっていたのは、胸と肩の痛みです。

今思うと「胸の痛み」は、腫瘍がある辺りだったかもしれません。

そして「肩の痛み」、これは肺の上の方にガンが発生するとなるようです。

 

この先のことを考えると、病気も手術も怖くて少し前からお酒を休んでいました。

 

ご覧いただきありがとうございました。

ランキングに参加中です。よかったらポチッとお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ