肺がん治して 楽しく生きたい

傷んだカラダと病んだココロの療養記、プラスαで雑録が付いてきます。

第一の宣告

f:id:kuu-ki:20210919224008p:plain



先生からの言葉は意外とあっさりでした。

 

「初期の肺ガンです、手術しましょう」

 

年明け早々の宣告・・・、おせちもまだ残ってます。

 

 

覚悟はしてましたが、やはりショックですね。

言われた瞬間ちょっと涙が出そうでした、親も泣きそうな顔してました。

 

動揺したせいで先生とはあまり話が出来ません。

画像も見せられましたが、先生の方は見れませんでした。

 

 

今後手術は更に大きな病院で行う事になり、3週間後の診察予定。

最後に「治療が落ち着いたら、こちらの病院で診てもいいですからね」と。

 

すいませんが、今はまだそんな先の事は考えられません・・・・。

まだ「ガン」を受け入れることが出来ずにいます・・・。

 

 

ここまであっという間の1か月でした。

掛かりつけの病院での診察から、今日のガン告知まで。

 

「ガンなのか」という気持ちと「いや意外と大丈夫かな」という気持ちがあったり。

いつもはすぐ気にするのですが、都合が悪くなると逃げ出したくなって。

今日の今日まで、わずか1%でもガンでないことを信じていました・・・。

 

 

夜になると酒を飲みながら「大丈夫かもしれないから飲んでもいいだろ」とか、

でもどこかで「もう飲めなくなるのかな」なんて気持ちもあったりで。

 

 

よく「まさか自分がガンになるなんて」

こういう話を聞きますが本当にそうでした。

 

「あんな元気に生活していたのに」とか、「タバコはやめたのに」とか、

「なんで?なんで?」この連発。

 

突然「ガン」と言われると冷静ではいられません、当然かも知れませがん・・・。

そして余計なことを考え、「死」という言葉も頭をよぎるようになります。

経験して初めて知る、人の気持ちです・・・。

 

 

この頃の体調はしばらく続いている睡眠障害、キュンとする胸の痛み、何もしていなくても痛い左肩、背中から肩に走るピリピリしたしびれ、これらの症状を感じていました。

 

 

 

仕事はずっと休んでいて、無理もせず家で安静です。

それでも最初に感じた変化より、症状が多少進んでいるような気がします。

 

これがガンという病気なのでしょうか・・・?

それとも何もしていないから、余計体を気にしてしまうのか?

 

不安を感じながら、今晩もお酒を・・・。

 

 

使うかどうか分かりませんが、 次回の診察までに 「限度額適用認定証」を準備しなければ。

 

これがあると、決まった金額以上の医療費を払わずに済みます。

私みたいに手持ちのお金のない方は、万が一に備え準備をしなければいけません!

 

ご覧いただきありがとうございました。

ランキングに参加中です。よかったらポチッとお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ