肺がん治して 楽しく生きたい

ステージⅢと心の療養ブログ メンタル弱すぎでも先を明るく

気管支鏡検査

                   f:id:kuu-ki:20200618083532j:plain

最後に「気管支鏡検査」です。

器官や肺の内部の観察と、ガンと思われる部分の生体を取る検査です。

胃カメラが肺カメラに変わった物?(ですが胃カメラより細いそうです)

私は検査当日に入院、午後からの検査でした。

 

胃カメラではいつも麻酔が効かず、いつも「ゲーゲー」いってるので先生に

聞いてみました。

「ほとんどの人が検査終わるまで麻酔効いてます」

「気が付いたら終わってた」とか言われますよと。

(男の先生ですがそんな言い方です)

 

 

 

いよいよ検査室へ。

のどに麻酔をし、ベッドで横になります。

(麻酔は胃カメラの時と同じ感じでしたが、何度かされました)

あとは点滴で麻酔を・・・そして眠くなった。

 

が、目が覚めた!

落ちてきたタライが頭に直撃したくらい・・・、の衝撃でしょうか?

 

あまりの苦しさにわけがわかりません。

われに返った時は「苦しいよ、痛いよ、おぇぇぇ・・・」これだけ

吐き気とゲップ、何より気管支鏡の動きが痛い。

いや、存在そのものが痛い・・・。

(もう全否定で、病院から突っ走って逃げたいくらいでした)

 

 

 

それからが長い、たぶん数分のはずですが・・・。

多分このへんで検体を採取するのかな?したのかな?

 

いや、そんな悠長な事言ってられない。

「早く取れ!」「早く抜け!」「オレを自由にしろ!」

こう叫びたいくらい、でもカメラ入ってるから何も言えない・・・。

 

そして、「もう終わりましたからね」と苦しさをガマンしながら抜かれていきます。

私の周辺には、涙とヨダレと鼻水と・・・思い出の品々が残っています。

 

やっと終わりました。

もぅね、女性に告白して、その返事を聞くまで待っーーーてるくらい

長かったです。

それと、胃カメラと比にならないくらい、

「本当に痛くて苦しい・・・」

 

部屋に戻るまで少し時間があり、先生に話しかけられました。

「転移してないので、手術出来ますから安心して下さいね」

(この時点で「ガン」確定だなと思いました・・・)

「正月は安心して過ごしてくださいね」と、年末の挨拶をいただきます。

 

そして、「空-気さん、お酒飲みますか?」 ←多分これが麻酔が効かない原因。

 

どうしてもコーヒーが飲みたくて「コーヒーを買ってきていいですか?」と看護師

さんに聞きますが、無視され飲めませんでした。

 

翌朝、「コーヒー買ってきていいですか?」これも無視されます。

数時間後、無事退院出来ましたがそれまでコーヒー飲ませてもらえませんでした。

 

「検査結果は次回の診察時に。そして、家族と来て下さい」とのことでした。

 

退院日の寒い朝、声を出そうとしても思うように出せないことに気づきます。

声の他にも、息苦しさも感じていました。

 

ご覧いただきありがとうございました。

ランキングに参加中です。よかったらポチッとお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ