肺がん治して 楽しく生きたい

傷んだカラダと病んだココロの療養記、プラスαで雑録が付いてきます。

診察

                 

f:id:kuu-ki:20210918110125j:plain





本当はもっと先になると思っていた診察ですが、急遽時間が空きました。

 

この時とばかり「要 精密検査」と書かれた封筒を持って病院へ。

ここはいつも通ってる病院なので、特に緊張もなく受付けします。

気持ちは「まぁ、今回も異常無しでしょ!」

 

 

最近の体調を聞かれ、すぐにレントゲンと採血をします。

診察でレントゲンの画像を見せられ、さらに検査しましょうとの事でした。

安心感いっぱいなので、あまり話を聞いていません。

 

そしてCTの予約です。

「検査は3週間後になります」

「・・・はい」

(そんな待つの?年内最後の週でしょ・・・)

 

翌週、病院から連絡が。

「血液の数値に問題があったので、明日CTに来れますか?」

「・・・はい」

(3週間かかるんじゃ・・・?)

この時はなんで急ぐかわかりませんでしたが、腫瘍マーカーが高かったようです。

 

 

そんな流れで検査へ。

「問題なければ造影剤入れませんからね

😄優しい口調の看護師さん

 

「はい、造影剤入れますね」

😱さっきと態度が違う看護師さん

 「・・・はい」(問題あったの・・・?)

 

検査終了後、看護師さんから「緊張させてスイマセン」と優しく言われます。

(結婚していますがタイプの看護師さんでした😁

 

検査時間は、20分かからなかったと思います。

ただ検査後、顔がカユクなりました。

どうやら造影剤の副作用・・・、注射を打ってもらい少し休んだら落ち着きました。

 

 

結果を聞きに、診察室へ。

「う~ん・・・」

 

先生の説明前に、CT画像を見てわかりました。

大きくてギザギザして何だか分からないものが、ハッキリ写ってます・・・。

(これってガン?オレ・・・ガン?)

 

 

この時の動揺っぷり、声が聞こえたかも・・・。

 

 

先生が模型を使って何か説明していましたが、全く頭に入ってきませんでした。

愛想笑いというか、苦笑いというか、それが精一杯。

 

とても見せられる顔ではなかったはず、自称福山雅治の私もこの時ばっかりは見せられる表情ではなかったでしょう・・・。

(ファンの皆さん、m(_ _)m)

 

 

 

結果は

f:id:kuu-ki:20210918104644p:plain

「紹介状書きますので、総合病院へ行ってください」

「手術するか、しないで治療するかは相談して決めると思います」

「・・・はい」

(はっきりガンとは言わないんですね)

 

あのCT画像見た瞬間覚悟したけど、やはり・・・。

(気のせいじゃないんですね?でも、もしかして今回も異常無しとか?)

 

頭の中がグチャグチャ、そして真っ白・・・そんな感じです。

まだ「ガン」と言われたわけでもないのに・・・。

 

去年は右肺がひっかかり、今年の春に受診して検査した時は最終的に異常無し。

まさか半年で、しかも今度は左肺・・・。

 

前回の紹介状は、私の給料明細が入るような薄っぺらい封筒で、今回は大きく重い。

なんかDVDみたいな物も入ってるし。

 

えらい師走の始まりになりました。

 

ご覧いただきありがとうございました。

ランキングに参加中です。よかったらポチッとお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ