肺がん治して 楽しく生きたい

ステージⅢと心の療養ブログ メンタル弱すぎでも先を明るく

診察

                 f:id:kuu-ki:20200618082319j:plain

本当はもっと先の診察になると思っていましたが、急遽時間が取れました。

あまりにもヒドくて会社のことは書けませんが、ここから休暇に入ってます。

この時とばかり「要 精密検査」と書かれた封筒を持って病院へ。

ここはいつも通ってる病院なので、特に緊張もなく受付けします。

気持ちは「まぁ、今回も異常無しだろ!」。

 

最近の体調を聞かれ、すぐにレントゲンと採血をします。

診察でレントゲンの画像を見せられ、さらに検査しましょうとの事でした。

安心感いっぱいなので、あまり話を聞いていません。

 

そしてCTの予約です。

「検査は3週間後になります」

「・・・はい」(そんな待つの?年末だろ)

 

翌日病院から連絡が。

「血液の数値に問題があったので、明日CTをしましょう」

「・・・はい」(そんな早く出来るの?)

(この時はなんで急ぐかわかりませんでしたが、腫瘍マーカーが高かったようです)

 

 

 

そんな流れで検査へ。

「問題なければ造影剤入れませんからね♡」

(優しい口調で)

 

「はい、造影剤入れますね」

「・・・はい」(さっきと態度が・・・違う)

 (問題あったの・・・?)

 

検査終了後、看護師さんから「緊張させてスイマセン」と優しく言われます。

(結婚していますがタイプの看護師さんでした😁)

 

検査時間は、20分かからなかったと思います。

ただ検査後、顔がカユクなりました。

どうやら、造影剤の副作用らしいです。

注射を打ってもらい、少し休んだら落ち着きました。

 

 

 

結果を聞きに、診察室へ。

「う~ん・・・」

医者の言葉の前に、CT画像を見てわかりました。

大きくてギザギザして何だか分からないものが、ハッキリ写ってます・・・。

(これってガン・・・俺・・・)

誰に聞こえるわけでなく、心の中でツブヤキました、いや、聞こえたかもしれません。

先生が模型を使って何か説明していましたが、全く頭に入ってきません。

苦笑いしていたのは覚えています。

でも、とても見せられる顔ではなかったはずです・・・。

 

結果は

「紹介状書きますので、総合病院へ行ってください」

「手術するか、しないで治療するかは相談して決めると思います」

「・・・はい」

(はっきりガンとは言わないんだ・・・)

あのCT画像見た瞬間覚悟したけど、やはり・・・。

(気のせいじゃないんだ・・・でも、もしかしたら・・・)

頭の中がグチャグチャ、そして真っ白・・・そんな感じでした。

まだ「ガン」と言われたわけでもないのに。

 

前回は右肺がひっかかり、春にも受診して検査した時は最終的に異常無し。

まさか半年で、しかも今度は左肺・・・。

前回の紹介状は給料明細入るような薄っぺらい封筒で、

今回は大きくて重い。

なんかDVDみたいな物も入ってるし。

 

えらい師走の始まりになりました。

 

 ランキングに参加中です

よかったらポチッと!

にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ